www.omt.gr.jp 内を検索

左上「大本」の題字は
出口王仁三郎聖師筆
このホームページは大本信徒連合会が運営しております
大本信徒連合会
〒623-0035
京都府綾部市
上野町藤山16番地
TEL 0773-42-2129
FAX 0773-43-1059
行事
第3回 霊界物語フェスティバーロ 開催される
行事 掲載日 2008-12-18

 平成20年11月29日(土)・30日(日)、大本の二大聖地である綾部と亀岡において、今年で三回目を迎える『霊界物語フェスティスティバーロ』が開催され、全国各地より350名を超える参加者が集った。

【29日】

 綾部市並松町の綾部市民センターを会場に、午後1時より総合司会・大友映男氏により開演の挨拶が行われ、1時30分から 神劇「天岩戸開 2」(霊界物語第12巻より)が、劇団オリオン座によって上演された。

神劇終了後のあいさつ
神劇終了後のあいさつ

 3時から出口信一先生(霊界物語勉強会主宰)による講演『宣伝使』が、続いて3時30分から鎌田東二先生(京都大学教授)による特別講演『出口王仁三郎の世直し宗教と心直し芸術』がおこなわれた。

出口信一先生 鎌田東二先生
(左)出口信一先生 (右)鎌田東二先生

 5時からは東郷晶子&ザ・ファミリーによる白熱のライブがおこなわれ、「平和になりますように」のメッセージが会場に響いた。

 その後ホテル綾部に移動して、夜6時よりレセプションが開かれた。ゲストの一二三ひふみ朋子先生と、廣野壽喜先生他によるスピーチや、愛善歌斉唱などがおこなわれた。

 綾部市民センターに戻り、8時から 喜納きな昌吉&チャンプルーズのコンサートが開かれた。
 圧倒的な歌唱力と存在感、平和へのスピリットで熱気に包まれた会場は、大ヒット曲「 花 〜 すべての人のこころに花を」で一体となった。コンサート中に喜納さんから、「大本は、ひとつにならなければいけない。やがて光り輝くときが来るだろう。」とのメッセージが贈られた。

喜納昌吉さん
喜納昌吉さん


【30日】

 午前11時より、出口王仁三郎聖師が修行された亀岡市曽我部町穴太の高熊山岩窟前において、「高熊山祭典」が斎主・出口信一先生により執行され、参拝者の玉串奉奠ののち、大友映男氏による石笛の奉納と、『霊界物語』の拝読がおこなわれた。

高熊山祭典の様子
高熊山祭典の様子

 出演者プロフィール





印刷用ページ 

© 1998 - 2021 大本信徒連合会