www.omt.gr.jp 内を検索

左上「大本」の題字は
出口王仁三郎聖師筆
このホームページは大本信徒連合会が運営しております
大本信徒連合会
〒623-0035
京都府綾部市
上野町藤山16番地
TEL 0773-42-2129
FAX 0773-43-1059
祭典
地恩郷別院 秋季大祭 [10月30日]
祭典 掲載日 2011-12-22

鹿園寺地恩の郷を吾が郷と天降りますかも素盞鳴神
出口王仁三郎聖師
地恩郷別院 秋季大祭
大本地恩郷別院
 出口王仁三郎聖師がこよなく愛された大本地恩郷別院(島根県出雲市鹿園寺町)において、教主ご名代 出口春日さまご臨席、斎主 陰山三佐男氏(神奈備支部次長)のもと、秋の大祭が厳粛に行われた。

 瑞苑荘での祭典に引き続き、地恩郷別院に隣接する神路山に祀られる神籬松に移動。一同は礼拝を捧げた後、素尊山遙拝所にて天津祝詞を唱和した。朝から小雨が降って霊妙な空気の中、清々しく大祭が執りおさめられた。

 祭典後のご神書の拝読は、『大本神諭 第一集』(明治三十二年旧正月)より、吾郷晴彦 地恩郷別院長が行い、次いで出口春日さまによるご挨拶ののち、直会行事に移った。この日、恒例の冠沓句の披露や、中村栄治 島根本苑次長による講座が行われた。
出口春日さまごあいさつ
 秋季大祭の前日、出口春日さまは吾郷別院長らを伴い、出口王仁三郎聖師によって神素盞嗚尊が天降られたと示される素尊山に登拝された。霊石の前の巨大な一枚岩の上からは、斐川町の仏経山(『出雲風土記』記載の四大神名火山の一つ)、宍道湖、鳥取県の大山などが望める。霊石の御前に祭壇を設え、八方祓いののち、日本と世界の平安を祈願された。

大本地恩郷別院秋季大祭
地恩郷別院 秋季大祭
瑞苑荘中庭の風景
地恩郷別院 秋季大祭
瑞苑荘広前
地恩郷別院 秋季大祭
斎主 陰山三佐男(神奈備支部次長)による
「地恩郷別院秋季大祭祝詞」奏上の儀
地恩郷別院 秋季大祭
玉串を奉奠する参拝者
地恩郷別院 秋季大祭
瑞苑荘広前の様子
地恩郷別院 秋季大祭
「神言」を奏上される
出口春日さま
地恩郷別院 秋季大祭
祭典後、吾郷晴彦 地恩郷別院長により
『大本神諭 第一集』が拝読された
諸祭典・行事
地恩郷別院 秋季大祭
神路山礼拝所の祭典の様子
地恩郷別院 秋季大祭
素尊山遙拝
地恩郷別院 秋季大祭
諸祭典後、出口春日さまより
挨拶が述べられた
地恩郷別院 秋季大祭
直会と冠沓句披露の様子
素尊山祭典/地恩郷別院大祭前日
地恩郷別院 秋季大祭
宍道湖や大山を見晴らす素尊山頂より
八方祓いがおこなわれた
地恩郷別院 秋季大祭
霊石の前に祭壇を設え
日本と世界の平安を祈願された



印刷用ページ 

© 1998 - 2020 大本信徒連合会