www.omt.gr.jp 内を検索

左上「大本」の題字は
出口王仁三郎聖師筆
このホームページは大本信徒連合会が運営しております
大本信徒連合会
〒623-0035
京都府綾部市
上野町藤山16番地
TEL 0773-42-2129
FAX 0773-43-1059
祭典
新年祭[1月1日]
祭典 掲載日 2012-2-18

本宮山新年祭 / 午前6時
新年祭
本宮山麓の斎庭で行われた遙拝祭
 おごそかに開教120年の初春を迎えた綾の聖地において、大本の至聖場 本宮山の遙拝祭が斎行された。日の出前の暗くて深閑とした本宮山麓の斎場には、年末からの雪が残り、元旦にふさわしい身の引き締まる祭典となった。
新年祭 / 午前11時 愛善荘
新年祭
出口直美教主
 出口直美教主ご臨席、教主ご名代出口直子さまのもと、綾部市上野町の愛善荘において新年祭が行われた。
 引き続いて行われた成人奉告祭では、信徒の新成人らが無事に成人を迎えられたことを大神様に感謝しつつ、祭壇に玉串を捧げた。
 また、出口春日さまにより『道の栞』(出口王仁三郎著)の拝読がおこなわれた。

 祭典後、出口直美教主、大出口家の方々へ、全信徒を代表して四方嘉明総代が年賀の祝辞を申し上げた。教主さまは「おめでとうございます。お元気で良いお正月をお迎えになりましたことをお慶びいたします」と述べられた。

 直会行事は参拝者全員に、おせち料理のお膳と神世餅(雑煮)が振る舞われ、恒例の「新春 開運くじ引き」では、それぞれ信仰生活に関わりのある賞品を引き当てた。

 この日、松雲閣においてお茶席が設けられ、参拝者は教主さまと順次ご面会した。
新年祭
新年祭に仕えられる出口直子さま
新年祭
祭典の様子
新年祭
礼拝される教主
新年祭
玉串捧奠時に奏楽される八雲琴
新年祭
満堂の大広前
新年祭
玉串捧奠の様子
新年祭
教主に次いで年頭のご挨拶を述べられる出口直子さま
新年祭
直会行事は参拝者全員でおせち料理を頂いた



印刷用ページ 

© 1998 - 2020 大本信徒連合会