www.omt.gr.jp 内を検索

左上「大本」の題字は
出口王仁三郎聖師筆
このホームページは大本信徒連合会が運営しております
大本信徒連合会
〒623-0035
京都府綾部市
上野町藤山16番地
TEL 0773-42-2129
FAX 0773-43-1059

平成22年(2010年)1月1日 教主さま年頭ごあいさつ

平成22年(2010年)1月1日 教主さま年頭ごあいさつ

庚寅の新年を迎えて

大本四代教主 出口直美さま 大本四代教主

 出口直美

 新年明けまして、おめでとうございます。

 皆さまにはお元気で新春をお迎えになりましたことと、お慶び申し上げます。

 艮の金神のご神名にも通う勇ましいトラ年の本年です。神さまのご加護をいただき、皆さまと共に今年もお道を歩ませていただけることを、心からうれしく思います。

 ウシトラは一日の時間にすれば丑から寅の刻で、まだまだ暗い午前二時から四時ごろにあたります。清しく凛(りん)とした気配が天地に満ちはじめ、寅の刻ともなれば、そろそろ明けの烏が起きはじめるころとなりましょう。

 聖師さまや二代さまの描かれます明け烏の絵を拝見していますと、長い闇の世を通り抜け、夜明けの光に勇み飛ぶ烏たちの喜びが伝わってまいりますが、今年はそんな喜ばしい年となってほしいものでございます。

 同時多発テロの9・11事件から始まった二十一世紀でした。アフガニスタンやイラクでの戦争も長く続き、一昨年の世界金融危機、年ごとに悪化する地球温暖化など、暗いニュースが続いております。

 罪もない人々が数え切れないほどに悲しみ、苦しみ、命を失っています。「大難を小難に、小難を無難に」と神さまに祈る日々でございますが、一年前には「チェンジ」を掛け声にアメリカ大統領が代わり、国内でも昨年秋には政権交代が行われ、新しい風も吹き始めてきたようです。紆余曲折は続くことでしょうが、寅年の本年は新しい時代に向かっての気配を感じますし、祈りの思いを強くしたいと思います。

 昨年十二月の新生祭は、昭和二十四年十二月八日の人類愛善会再発足から六十年の記念日でした。二代さまは、第二次世界大戦後に始まった世界連邦運動に深く共鳴され、「神さまの経綸によるものだから皆で取り組むように」と役員たちに指示を出されていました

 二代さまの強い思いで、昭和二十四年の新生祭のよき日に人類愛善会が再発足し、平和活動は一層活発になってゆき、地元の愛善会員も活躍し、翌年の昭和二十五年十月には、綾部市市議会で日本最初の「世界連邦都市宣言」が採択され、綾部は日本の世界平和運動の魁けとなってゆきました。

 今年はそれから六十年、巡りくる庚寅(かのえとら)の年を迎え、二代さまのご存在の大きさが今更のように思い起こされますし、そのご意図を少しでも今の世界に継がせてもらえたら……と念じるものでございます。
戦争にいれる力を平和なる 道につくせばこの世天国
火のご恩水のおめぐみ土の恩 これが天地の神のみすがた
かんながら世界連邦平和なる 御世をつくらむ一人一人が
 核兵器廃絶や地球温曖化対策など、目下の世界のテーマは、政治的、経済的な課題でもありますが、一番大事なことは、神の世界に根ざした世界観であり人生観に開かれてゆくことでありましょう。

 聖師さまが詳しく説かれておりますように、ご神徳が豊かに細やかに込められているこの天地です。神さまの世界に心を開き、一人ひとりが小さくても平和の型を生きてゆくところに、朝の光が射し込んでくることでしょう。六十八億といわれます世界人口からすれば、微塵のような私たちですが、神さまの光を受けて、三千世界に開かれ耀いてゆきたいものでございます。

 あとひと月で節分大祭を迎えます。悪性インフルエンザも流行しておりますが、ひとりでも多くの方々が、人型大祓を通して神さまのお力をいただかれて欲しいと願っております。なにとぞ人型のお勧め、よろしくお願いいたします。
(終)
プリンタ用画面

© 1998 - 2019 大本信徒連合会