www.omt.gr.jp 内を検索

左上「大本」の題字は
出口王仁三郎聖師筆
このホームページは大本信徒連合会が運営しております
大本信徒連合会
〒623-0035
京都府綾部市
上野町藤山16番地
TEL 0773-42-2129
FAX 0773-43-1059

霊界物語臨地研修会 山鹿・高千穂の旅

平成20年(2008年)6月28日から29日にかけて熊本県山鹿市&宮崎県高千穂町にて開催された「霊界物語臨地研修会」のレポートです。




山鹿と高千穂の位置
山鹿と高千穂の位置
 梅雨も明けぬ九州地方は各地で大雨による被害がニュースで報じられていた。恒例となった熊本山鹿のみろく観音さま祭典も九州在住の有志の方々の呼びかけで、今年は6月28日、29日の両日にわたって祭典と研修会が行なわれた。

 28日午後1時、山鹿市(やまがし)郊外の三玉(みたま)に鎮座されているみろく観音さまの前に集合。全国各地より84名が参加した。九州各地からはもとより、関東、中部、北陸、山口、島根からと広域からの参拝である。当日午前中は雨であったが、さすがに午後祭典が始まると心配されていた雨もあがり瑞霊のご守護を改めて感じた。

 山鹿のみろく岩(地元では不動岩)は約6億年前に隆起した奇岩である。太古より信仰の対象となっていたようで麓から経筒(中に弥勒下生経が入れられていた)が発掘されている。みろく岩は霊界物語第2巻の口絵の写真に掲載されているが、聖師自らの指示であった。大正11年に発刊された霊界物語第2巻にすでに掲載されている。聖師はまだ訪問されておらず地元の町長より贈られた写真をみて指示されたという。

 さて、大正12年8月、聖師は随行者をともなって阿蘇の杖立(つえたて)温泉に逗留されている。この間約20日。旧暦の7月12日に当たる8月23日、杖立温泉組合から贈られた竹の杓子160本に「此の杓子わが生まれたる十二夜の月の姿によくも似しかな」「万有の身魂を救うこの釈子こころのままに世人救えよ」と2首の歌を詠み、スの拇印を捺して宣伝使に送られた。御手代(みてしろ)のはじまりである。後にこの御手代が聖師自らの危難を救うのであるが・・・。

 阿蘇から熊本を経て同年9月1日に初めて山鹿に入られた。九州各地より聖師の来訪を聞きつけて滞在先の松風閣(しょうふうかく)に信徒が集まり、聖師との面会に期待に胸をふくらませたが、結局皆に会うことなく部屋からは出られなかった。代わりに随行者の一人であった出口宇知麿(うちまる)さんが霊界物語第31巻第1篇第2章「大地震」、第3章「救世神」の2章を拝読して解散となった。集まった信徒は聖師に面会できずやや不満であったが、翌日驚くべき報道に接したのである。当時の速報は号外が最も広範囲に情報を伝達する手段であった。号外は東京を中心として起こった関東大地震の報であった。しかも9月1日の昼に勃発した。昨夜拝読した箇所は“ヒルの国の大地震”である。昼とヒル。このヒルとは南米のペルーのことではあるが、聖師は「この地震はすでに予言してある。エトナの噴火のことだ。」と。エトは江戸を指し、ナとは土地のことを意味する。エトナは即ち江戸の地となる。

みろく観音
みろく観音
 9月2日、三玉村を訪問された聖師は、地元の凡導寺に安置されていた石造りの観音像と対面された。高さは5尺3寸で聖師の身長と同じであった。聖師が鎮魂をされるとその石像が動いたのであった。早速この観音に「弥勒最勝妙如来」(みろく さいしょう みょう にょらい)と名付けられ、「大正13年3月3日にこの観音を外に出して鎮祭するように」更に「顔をみろく岩に向けて安置せよ」と指示をされた。

 後日談があり、三玉村の人たちと地元の大本信徒が聖師の指示に従うべく観音像の遷座を協議したのが翌大正13年の2月13日であった。奇しくも同日聖師は第一次大本事件により責付出獄中の身でありながら秘かに綾部より抜け出して満州、蒙古へと旅立たれたその日であった。身はその夕刻に満州奉天(現在の瀋陽)に到着されたのである。日本の国土を離れて勇躍されるのだが、霊界物語第2巻第1篇第3章に「美山彦の出現」について記されていて、聖師のご神格に触れてある。後に言霊別(ことたまわけ)と名を変えるのだが、聖師そのもののお働きが述べられている。2巻1篇3章という数も2、1、3となり聖師の入蒙は杖立、山鹿にてのご神業が布石となっていることが伺える。入蒙の意義は稿を改めることにするが、聖師は大正14年この観音像の安置された地を“瑞霊苑”(ずいれいえん)と命名された。

 さて話を戻そう。今回参加した一同はそれぞれの自動車に便乗し、一路高千穂へと向かった。高千穂神社の夜神楽(よかぐら)見学も今度の研修の一つである。山鹿から2時間半、阿蘇の山麓を経て高千穂の街に入る。ホテル神州に到着し、早速夕食会となった。筑波大学准教授の一二三朋子(ひふみ ともこ)さんの挨拶、大友映男(おおとも てるお)さんの乾杯、また熊本の医師三角泰璽さん、元・船井幸雄さんの秘書であった粕井滋さんのスピーチなどもあり、にぎやかな夕食会となった。急ぎ夕食を済ませて高千穂神社へと向かう。夜の帳もおりて神さびた境内は神霊の気を感じさせる。午後8時より神楽殿にて高千穂神楽が演じられた。

講義
 翌朝は午前8時より研修会。第一講は幣立宮(へいたてぐう)に隣接する世界平和道場を主宰されている佐藤昭二さんを講師に招きお話を伺った。佐藤さんは廃校跡を再利用しながら訪問者に平和な世界づくりの道を説かれている。奈良の天河弁財天社再興にも貢献され、講演の内容も阿蘇と天河の因縁に触れられ一同興味深く拝聴した。

 第二講は出口信一先生による霊界物語第7巻の勉強会。第7巻は九州の守護職が日の出の神により任じられてゆくところで、今回九州にての研修会にふさわしい巻となった。アフリカの胞衣(えな)であり、金勝要神(きんかつかねのかみ)の四魂(しこん)の一柱である純世姫(すみよひめ)の守護に関して詳述されている巻でもある。約1時間の勉強会が終了し、地元高千穂の栗原さんのご案内で岩戸神社に参拝して現地での解散となった。

 行程中何一つ障りなく終了出来たことを神恩に感謝するものである。
(九州男記)


祭典
祭典
正木高志ご夫妻による奉納演奏
正木高志ご夫妻による奉納演奏

山鹿みろく観音祭典祝詞

平成二十年六月二十八日
遥かに大阿蘇の峰を望み菊池の清き流れの豊かにして出湯いでゆの香りもゆかしき山鹿の郷の三玉村に鎮まりす弥勒最勝妙如来のうづの大前に忌廻ゆまはりて白さく にし大正十二年九月一日阿蘇杖立の帰途山鹿のさとに在りて霊界物語第三十一巻大地震のところを供の者に読ませ給へば其の日の昼関東大震災起りぬ 翌二月 聖師の岐美 此の三玉村を訪れ御前みまへの薬師観音像とまみえ給ひければ 待ちたる如く五尺三寸の観音像は自ら動き始めければ聖師の岐美は右手めてにてとどめ今になほ其が手のみあと胸に残りてあり 其が折に翌大正十三年三月三日に此の清処すがどに観音像をみろく岩に向かひて永遠とことはに移し置きて鎮め祀るべくり給ひて大正十三年二月十三日大経綸おほみしぐみまにまに蒙古に向けてち給ひぬ 阿蘇杖立にありてはの年の旧七月十二日「萬有の身魂を救ふ此の杓子心のまゝに世人救へよ」「此の杓子吾が生まれたる十二夜の月の姿によくも似しかな」と詠ませ給ひて御手代みてしろとして授け宣伝使をけ給ひて救ひの大神業おほみわざを始め給ひぬ 蒙古にありては神素盞鳴大神のはかせ給へる十握剣とつかのつるぎ神実かむざねなる豊葦原の中津国なる日本ひのもと神国みくに誓約うけひの型として神追かむやらひにやらはれ世界あがなひの証明あかしとして後世のちのよに示し給ふ経綸しぐみなし給へば満州事変を境として戦争たたかひにはに立ちても追々と退けられつひに昭和二十年八月広島、長崎に天の鳥船襲ひ来たりて原爆を投下おとしければ数多の青人草等は木の葉の如く逃げ惑ひ犠牲いけにへとなりて終に長き戦争たたかひの幕は降ろされぬにも悲しき僻事ひがごとなりけれ しかはあれども其が戦争たたかひにて犠牲いけにへとなりし数多の生命いのち永遠とこしへに神の御許みもとに救はれ天津御国に歓喜えらぎよろこびてありぬ その理由ゆえよし新生日本あたらしきひのもと世界に先駆けて戦争を永遠に放棄し武備いくさのそなへ撤廃とりはらひを国の憲法のりとして宣言のらせしこそ皇神の深き尊き大経綸おほみしぐみなりせば今由後いまゆのち其が大精神おほみこころうづなひて地上ちのうへの生きとし生けるもののことごと授けられし生命いのち使命つとめを全ふしてえらぎ栄える御世みよに樹て直し給へ 御前みまへに集ふ諸人等が弥益々に皇大神の手足みつかひとなりていみじ貢献いさをを立てさせ給へと 種々くさぐさの多米津物を捧げ奉りて恐み恐みも称言竟奉らくと白す



(『愛善世界』平成20年8月号に掲載されたレポートを元に作成しました)

関連項目
プリンタ用画面

© 1998 - 2019 大本信徒連合会