祭神

 大本では、宇宙の本源である真の神様を「大天主太神」(おおもとすめおおみかみ)とお呼びして奉斎いたしております。


の神はあまつ月日つきひを生みまして森羅万象をそだてたまえる

天帝は霊力体れいりょくたい三元さんげんをもちていっさい万有をつくれり

天地あめつちのまことのさまあきらめてまことの神のからたまを知れ

ものみなの運化めぐりうつりのくるわぬはまことの神のちからなりけり

活物いきもの心性さがのはたらきあきらめてまことの神の霊魂たましひを知る
(出口王仁三郎『愛善の道』第16〜17節より)