Skip to content

七社参拝とは

七社参拝とは、綾部市旧市街にある七つの産土神社を巡拝する行事であり、明治36年5月24日(旧4月28日)の弥仙山(綾部市於与岐)における、二度目の天の岩戸開きの神事のお礼として、出口なお開祖が福知山の一宮神社と綾部の産土神社を参拝されたことに始まる。

 大本では現在も綾部市中の秋祭りの前夜に産土神社七社の巡拝をおこない、大本の神業成就へむかっての日頃の御礼や祈願を行っている。
© 1998-2022 大本信徒連合会