Skip to content

叉手

 祭典で参列しているときは、なるべく叉手(さしゅ)をしているようにします。

 (必ず叉手をしなくてはいけないということではありません)
1. 左手を上にして、左右の四本の指と親指とを組み合わせます。
叉手(1)
2. 下腹部の前に置きます。
叉手(2)
3. 正座しているときも同様です。
叉手(3)
© 1998-2022 大本信徒連合会